ドライブレコーダー映像の分析

Topics

☆ ドライブレコーダーは大切な証拠をを記録します。

☆ ドライブレコーダーを取り付けて安心していませんか?

☆ ドライブレコーダー映像に関する問題やトラブルについて

☆ 事故の際はドライブレコーダー映像の分析をお勧めします!

☆ 事故の過失割合の決定方法について(参考)


☆ 弊社の主な作業内容について(受託可能な映像分析に関する作業)


 ドライブレコーダーは大切な証拠を記録します。

交通事故 落下物 あおり運転
事故の前後を確実に記録します。 落下物の所有者や事故を記録します。 ロードレイジによるあおり運転の証拠を記録します。

ロードレイジによる暴行 目撃者の断定 車上狙いやいたずら
ロードレイジによる暴行や器物損壊の証拠を記録します。 映像から通過車両、目撃者、防犯カメラ等を探します。 車上狙いの犯行の瞬間を記録します。





 ドライブレコーダーを取り付けて安心していませんか?

 ドライブレコーダーは車載型の記憶装置の一種で正式名はEDR(Event Data Recorder) と呼ばれています。最近では、特に話題になっているロードレイジによる「あおり運転」や「危険行為」または「衝突事故」などの証拠を残すためにドライブレコーダーを車両に取付けるドライバーが急増しています。実際に交通事故、あおり運転、車上狙い、いたずら、当て逃げ、落下物による事故などの状況において、撮影された映像が証拠となって迅速に解決できるケースが多くあります。

 しかし、ドライブレコーダーで撮影された映像を見るだけでは交通事故の全容を把握できない上に、時には知識不足によって真実とは異なる結論を導いてしまいます。「映像は嘘をつかない」との概念を基に
「映像が100%信用されている現実」は非常に危険な風潮だと考えます。例えば、高度な画像処理技術を利用して映像を捏造された場合、その映像が事故の真実となってしまうことから、全く落ち度も過失のないドライバーが覚えのない過失を負わされてしまう危険性もあります。恐らく、裁判においてこれらの高度な画像処理技術を利用して捏造した証拠映像を提出されれば、専門知識を有する技術者が詳細な分析をしない限りは捏造であることを見抜くことはできないでしょう。

 更に、
ドライブレコーダーの仕様上またはや映像の規格上において致命的な弱点や欠点があります。例えば、映像の規格上の問題からドライブレコーダーで撮影された映像を確認すると点灯しているはずの信号機が全て消灯している場合があります。またドライブレコーダーの仕様上の問題から撮影映像に重ねて記録された情報も信頼性が乏しく、特に速度情報については等速でない限りは実際の速度との誤差が大きいために、事故の際に衝突・接触や急ブレーキなどで車速が急激に変化する状況ではこの表示情報は全く参考になりません。これらの現象については知識があれば理由を明確に説明することで内容を修正できますが、知識不足による誤認識によって真実と異なる情報が正しいと認知されてしまうことが多々あり、これらの要素が事故の原因および過失割合に反映されてしまうケースがあります。

 最悪のケースでは、目撃者の不足や当事者が死亡などの状況において、
当事者(相手側の生存者)の証言が優先されてしまい、死亡した当事者が大きな過失を押し付けられてしまうケースも少なくはありません。仮に防犯カメラやドライブレコーダー等の映像が存在していても、当事者(相手側の生存者)の証言と著しい食い違いがない限りは専門家による詳細な分析をあまり行わないのでしょう。この結果、当事者(死亡)が被害者でありながら大きな過失を負わされてしまうことがあり、充分な保険金(自賠責、相手車の任意保険)が支払われずに生活に大きな痛手を受けられているご家族も多くいらっしゃいます。

 この様にドライブレコーダーを装着して事故当時の映像を記録したからと言って決して安心できません。反対にドライブレコーダーで記録された映像が証拠となってご自身に不利益を被ってしまうかも知れません。ちなみに警察官や損害保険会社などからドライブレコーダーの映像(SDカード)の提出(又は提供)を求められても運転者には提出義務はありませんので、ドライブレコーダーの映像(SDカード)のご提出(または提供)に関してはご自身で慎重にお考え下さい。また、
ドライブレコーダーで撮影された映像には未確認の有力な証拠が隠されている可能性がありますので、事故調査の一つの方法として専門家によるドライブレコーダー映像の詳細な分析をお勧めします。ドライブレコーダーの映像に関することでしたら、どの様な事でもお気軽に弊社にご相談またはお問合せ下さい。





 ドライブレコーダー映像に関する問題やトラブルについて

問題点の分類 イメージ画像 内  容 症状・原因
証拠映像の加工や捏造 映像が加工されている疑いがある <症状>
(1) 映像にどことなく不自然さを感じる
(2) 映像を改ざんした形跡がある
(3) 映像の動きがぎくしゃくしている
(4) 原本とファイル形式が異なる。
(5) 提出がされた映像が原本ではない
(6) ファイルのプロパティの内容が不審である
<原因>
(1) 映像の提出者が有利になる様に映像を加工している
(2) 映像の提出者が不利になる映像を削除している
(3) 映像の提出者 不要な情報を削除している
(4) 事故に必要な映像だけ抜き取っている(改ざん目的でない)
(5) 不要な個人情報を削除している(改ざん目的でない)
破損や故障 ドライブレコーダー本体の損傷、故障 <症状>
(1) 事故の衝撃で本体が損傷または破損した
(2) 事故後、本体が全く動作しない
(3) 本体に電源が入らない
(4) SDカードが取り出せない
(5) SDカードに映像ファイルが書き込まれていない
(6) SDカードの映像ファイルを読み出せない

<原因>
(1) 事故の衝撃等による破損や故障
SDカードまたは映像データの損傷 <症状>
(1) SDカードの破損または損傷している
(2) SDカードを挿入するとエラーが発生する
(3) SDカードに映像ファイルが書き込まれていない
(4) SDカードの映像ファイル読み出せない
(5) 映像ファイルの再生時にエラーが発生する
(6) 再生すると映像の一部または全てが壊れている

<原因>
(1) 事故の衝撃等による破損や故障
映像上の問題点 信号機の点灯が消えている) <症状>
(1) 信号機の全ての色が滅灯している
(2) 信号機の1色が何となくぼんやりと点灯している
(3) 信号機の1色が点滅している
(4) 信号機は点滅しているが実際に点灯か点滅かわからない
(5) 歩行者信号も滅灯している

<原因>
(1) LED信号機は一定周期での点灯している
(2) 電源の周波数が50Hzと60Hz地区では少し症状が異なる
(3) 映像のフレーム周波数によっては同期して滅灯/点滅する
(4) 電球タイプの信号機はちらつき現象(フリッカー)がある
映像がはっきり見えない <症状>
(1) 映像が全体的にピンボケの様な状態になっている
(2) 映像にノイズが激しく入っている
(3) 事故相手の車のナンバーがハッキリ確認できない
(4) 車内の相手の顔がハッキリ確認できない

<原因>
(1) 単純に映像の解像度が低い
(2) ドライブレコーダーの仕様上に問題がある
(3) 撮影時に激しい信号や揺れがあった
(4) 周辺に強力な電波または電磁波を発生する機器がある
(5) (4)項の機器の設置してある施設等を周辺を通過している
(6) 何らかの原因でドライブレコーダーが故障している
表示情報の問題点 表示速度の信頼性が低い <症状>
(1) ブレーキまたは加速しても表示速度が変化しない
(2) 走り出しても暫く0km/hの表示が続いている
(3) 停止後も表示速度がすぐに0km/hにならない
(4) スピードメーターと表示速度が全く違う
(5) 事故の記録された映像内で表示速度が実際と全く違う

<原因>
(1) 車速パルス等を利用する場合は算出速度がほぼ正確
(2) GPS利用で速度算出するため、表示に遅延がある
(3) GPS利用で速度算出するため、加減速が加味されない
(4) GPS利用で速度算出するため、表示速度が不正確
(5) 位置情報に大きな誤差があり、算出速度の信頼性に欠ける
映像上の表示時間が実際の時間と異なる <症状>
(1) 実際の時間と表示時間が違う
(2) 記録された映像で時間と風景(車両位置)とのズレがある

<原因>
(1) GPS附属の場合は衛星からの正確な時間が表示される
(2) 設定で時間入力するタイプの装置は時間が正確ではない
(3) 仕様上、映像入力と記録時間とに多少のズレが生じる
映像上のGPS位置情報が実際と異なる <症状>
(1) 表示されているGPSの位置情報が正確でない
(2) 位置情報がかなり大雑把である
(3) アバウトすぎて事故時の車両位置を断定できない
(4) 事故の検証時に位置情報が参考にならない

<原因>
(1) GPSによる位置検出の精度が低い
(2) GPSによる位置検出時の誤差が大きい
(3) 検出の速度が遅くて車速に追従できない
(4) 仕様上、位置検出と映像入力とに時間的なズレが生じる
事故状況の調査の問題点
(専門家以外による映像分析
映像から正確な事故状況を読み取れない <症状>
(1) 映像からある程度の情報しか読み取れない
(2) 映像上の表示(速度、時間、位置情報)を100%信用している
(3) 視覚的(感覚的)な見地からしか事故状況を判断できない
(4) 速度を分析できない(徐行や速度超過などの証拠)
(5) ブレーキや操舵位置が断定できない(回避行動の位置)
(6) 交差点前の安全停止可能位置の信号機が確認できない
(7) 交差点侵入時の信号の色しか判断できない
(8) 方向指示器の時間やタイミングを正確に読み取れない
(9) 一旦停止の時間を感覚で短いと指摘された
(10) 右左折などのタイミングや軌道を分析できない
(11) その他の過失修正要素を分析できない
(12) 詳細な分析ができないため、不本意な過失を負わされた
<原因>
(1) 事故調査の担当者の知識と技術不足
詳細な過失内容を分析ができない
身に覚えのない不本意な過失を負わされた

 もし、上記の様な問題やトラブルでお困りの方は弊社にお問合せ下さい。





 事故の際はドライブレコーダー映像の分析をお勧めします!

 基本的にドライブレコーダーで撮影された映像を分析することによって事故状況がいっそう明らかになります。分析結果については科学的な根拠に基づいて導き出されていることから、客観的に事故状況を確認することができます。
下記の項目に少しでも該当する方には専門家によるドライブレコーダー映像の詳細な分析をお勧めします。現状のままの放置状態では何も進展は見込めませんが、ドライブレコーダー映像の分析を第三者である専門家に依頼するだけで膠着状態が一転して事故の当事者双方が納得できる良い結果に繋がっていくケースが少なくありません。また、ドライブレコーダー映像の分析作業に必要な費用に関しましては、ご自身が契約している「自動車保険の弁護士特約」をご利用できますので、ご契約の損害保険会社にご相談下さい。尚、弁護士特約はご利用しても翌年の保険料に影響ありません。(弊社へのご相談やお問合せはこちら


  (1) 証拠として提出された映像にどこか不自然さを感じる。元の映像に手を加えて捏造したのではないかと疑っている。
  (2) 被害者なのに重過失を負わされてしまった。事故調査の結果に不信感を持っているので、再調査を望んでいる。
  (3) 保険会社などから提示された過失割合に納得できない。
  (4) 事故の調査結果が明らかに事実と異なるため、事故状況の再調査を行いたい。
  (5) 事故状況について詳細な分析または調査がしたい。
  (6) 思い当たる過失修正要素を証明して自身の過失を少しでも減らしたい。
  (7) 自分の主張や供述を正当化する証拠が欲しい。
  (8) 相手側の主張や供述に正しくないことを証明できる証拠が欲しい。
  (9) 分析した個々の内容を科学的な根拠に基づいて証明または説明したい。
  (10) 正に前述の「ドライブレコーダー映像に関する問題やトラブルについて」に記載された問題やトラブルを抱えて困っている。
  (11) その他、事故に関する映像(ドライブレコーダー、防犯カメラ等)で問題やトラブルをお持ちの方々


    ※ 当事者または第三者の車両に搭載されたドライブレコーダーによって撮影された事故の状況がわかる映像が存在していることが前提となります。
    ※ 損害保険会社、損害保険鑑定士、弁護士、警察または検察関係などからのご依頼の場合はご要望のフォーマットにて書面や資料等を作成致します。

    ※ 弊社の別会社にて損害保険会社の代理店事業を営んでいるため、事故や損害保険に関する知識や経験も豊富です。自動車保険の加入やご相談も承ります。




 事故の過失割合の決定方法について(参考)

 事故は様々な状況で発生しますが、過失割合は基本的に判例を参考にして決定します。例えば、信号のある交差点において青信号で直進車と右折車が衝突した事故の場合の過失割合は判例で直進車:右折車=20:80となります。恐らく、ドライブレコーダーの映像の交差点侵入時の信号機の色で過失割合がほぼ決まってしまいます。その後にこの過失割合を基準として過失修正要素と言われる双方の過失の度合いを加味してプラスまたはマイナス方向の修正を行います。

しかし、実際には電子機器や映像等の専門知識を有していない方々が映像見て視覚的(感覚的)に事故状況を判断するため、これらの重要な要素を映像から読み取って詳細な分析することができません。この理由から、仮に全過失が相手側にある「もらい事故」の場合であっても、前例のケースは不本意ながら2割の過失(直進車)を取られることになります。更に運が悪い場合には、ジレンマゾーン(急ブレーキで停止するには交差点内、通過するには交差点侵入時に黄色または通過前に赤色になってしまう微妙なタイミング)で交差点に進入したが、A車の交差点の侵入と同時に黄色に変わってしまったため、専門知識のない担当者が映像を見て判断すると黄色での交差点侵入とされて40:60となってしまいます。

 具体的には、ドライブレコーダーの映像にA車の交差点侵入と同時に信号機が黄色になったとします。黄色での交差点侵入を防ぐためには、信号機が黄色になった瞬間に急ブレーキをかけて停止する必要があります。しかし、この場合にはA車は結局交差点への進入を避けられない上に交差点内に停止することになり、更に急ブレーキによって後続車に追突される危険性もあります。このことから、この様な状況の場合には、A車が交差点に侵入および通過する行為は正しいことになります。一般常識的に考えれば、A車の速度で安全に停止線で停止できる位置で信号確認を行った際に青色であれば問題はありません。しかしながら、専門知識のない担当者がこの映像を見て判断した場合、A車の交差点侵入時の信号の色のみしか事実として認識できないため、「A車が黄色で交差点侵入」とされるケースも多々あり、A車にとっては不本意な過失を負わされることになります。

 ところが、ドライブレコーダーの映像を専門的が科学的な根拠に基づいて分析すると、A車の速度が算出できることからA車が停止線で安全に停止できる距離(位置)で信号を確認した場合の信号の色を分析することができます。この交差点侵入前の信号確認時に青色であることが証明できればA車の交差点侵入時の信号は青色と同等と見なすことができます。この状況判断によって、過失割合は40:60→20:80となると考えられます。また、映像の内容次第では、下記の過失修正要素であるB車の交差点内の速度、交差点内の軌跡、交差点内停止線での停止有無、指示器の履行、回避行動などを分析することができるので過失割合が大きく変わる可能性があります。従って、
ドライブレコーダーによって撮影された映像を科学的な根拠に基づいて分析することによって、事故状況を正しく解明して間違いのない過失割合を導き出すことができます。


☆ 信号のある交差点で直進車(A車)と右折車(B車)との衝突事故のケース

イメージ図(信号機のある交差点) 過失割合 過失修正要素

事故ケース 過失割合
AとBが青で交差点に進入 A:B=20:80
Aが黄で進入+Bが青で進入後に黄で右折を開始 A:B=70:30
AとBが黄で交差点に侵入 A:B=40:60
AとBが赤で交差点に侵入 A:B=50:50
Aが赤で進入+Bが青で進入後に赤で右折開始 A:B=90:10
Aが赤で進入+Bが黄で進入後に赤で右折開始 A:B=70:30
Aが赤で進入+Bが右折車用矢印が青で右折開始 A:B=100:0

修正要素 修正割合
Bに徐行なし A : 0~-10
Bの直近右折 A : 0~-10
Bの早回り右折 A : 0~-5
Bの大回り右折 A : 0~-5
Bに指示器不履行 A : -10
Bが大型車 A : 0~-5
Bの著しい過失、重過失 A : -10
Aの15km以上の速度違反 A : +5~+10
Aの30km以上の速度違反 A : +10~+20
Bの既右折 A : 0~+10
Aの著しい過失 A : +5~+10
Aの重過失 A : +10~+20





 弊社の主な作業内容について(受託可能な映像分析に関する作業)

 事故状況を解明する目的でのドライブレコーダー映像の分析はかなりの労力と時間が必要になります。この理由から、必要のない作業を行って無駄な時間や費用を費すことを避けるために作業内容をフェーズ1~5に区分し、ご依頼者の目的に合った必要最小限の作業だけを選択できる様にしています。尚、下表には事故の示談交渉(過失割合の決定や修正を含む)の資料取得を目的としたフェーズ3までを記載してあります。(フェーズ4と5は、重大事故の分析や裁判等が主な目的ですので、別途お問合せ下さい。)


☆ 事故の分析

作業のフェーズ 作業内容 主な作業内容   備     考
フェーズ 1 映像の信頼性を調査 (1) 映像が搭載のドライブレコーダーで撮影されたものなのかを調査します。
(2) 映像が改ざんまたは捏造されていないかを映像を分析・評価します。
(3) 不審な点を発見した場合は詳細な内容を調査することもできます。
EDR映像が証拠になる場合
不当な保険金を支払うのを避けるために損害保険会社にお勧め
フェーズ 2 簡単な事故状況の分析 (1) 映像より事故状況がわかる簡単な事故全体図(上面図)を作成します。
(2) 時間経過と車両位置、軌跡、標識等、事故全体が把握できる内容が記載されています。
もう少し詳しく理解しやすい資料で事故状況を確認したい場合
フェーズ 3 詳細な事故状況の分析 (1) 事故全体図を説明するためのより詳細な状況説明図を作成します。(イベント毎)
(2) 提供された車両情報から衝突までの時間と車両位置を確定します。
(3) 時系列で発生したイベントの詳細を記載したタイムラインを作成します。
(4) 現地の緻密な測量を行わないため、地図から算出した距離を分析に利用します。
(5) 各イベントを証明するための画像を添付します。
(6) 事故のケースで必要な情報(修正要素等)を分析します。
(6) 過失修正要素を説明するための資料(証拠写真、書面)を作成します。
☆ 通常の事故調査に必要な情報を集める場合
双方の供述・主張に著しい食違いがある場合
過失割合の決定または修正要素を証明する根拠が必要な場合


☆ ドラレコの映像分析

 愛車へのイタズラ、嫌がらせ、当て逃げ、部品の盗難などで相手を断定する目的でのお問合せを多数頂いております。せっかくドラレコを搭載して現場が撮影されていたにも係わらず、撮影時間が夜間、映像が不鮮明または低解像度などの理由から犯人や相手を断定できないケースが殆どです。映像が低解像度の場合は映像自体に情報が記録されていないことが多いのですが、弊社の画像処理装置で分析することで一部ずつ情報が読み取れて相手を断定できることが少なくありません。物損では警察も積極的に捜査をしてくれませんし、車両保険を使ったり自費での修理は金銭的よりも精神的なダメージが大きいものです。もしかすると解決の糸口が見つかるかもしれませんので、悩むよりは弊社にご相談下さい。



 以上ですが、本ページに関してのご質問、ご要望、ご依頼等、どの様な内容でも結構ですのでお気軽にお問合せ下さい。また、ドライブレコーダー映像の分析作業に必要な費用に関しましては、ご自身が契約している「自動車保険の弁護士特約」をご利用できますので、ご契約の損害保険会社にご相談下さい。(弁護士特約はご利用しても翌年の保険料に影響ありません。)





Copyright(C)2018 TechnoWorks CO.,LTD. All rights reserved.